通夜・葬式・葬儀・告別式におけるマナー

一般的に総括して葬式と呼ばれていますが、意味合い的には通夜・葬式・葬儀・告別式とはまったく別の儀式です。
特に葬式と葬儀、告別式を混同して使用されるケースが目立ちますが、この3つは別の儀式です。

葬式とは、この3つの儀式を総合して呼ぶことが通常の使用方法です。
そして葬儀とは、故人の冥福と成仏を祈るものですが、これには故人の宗教が関係しています。
故人の宗教によって葬儀の形態は異なります。
また、葬儀は遺族、親近者などが参列するものです。
そして告別式とは、宗教的な意味合いを排除したもので、参列するのは知人や友人などです。
通夜とは、故人と最後の夜を過ごす儀式のことです。

このように、通夜・葬式・葬儀・告別式は、それぞれ微妙に意味合いが異なります。
ですが、これらに共通して言えるのは、どの儀式に参列する場合も守らなければならないマナーというものが存在するということです。
こうしたマナーが軽視されがちな昨今ではありますが、故人や親族、親近者に恥を欠かせないために、参列者は必ずマナーを守る心構えが必要です。
では、通夜・葬儀・告別式におけるマナーについて詳しく調べてみましょう。


Copyright(c) 2014 哀悼の意を表す弔事のマナー All Rights Reserved.